スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

定例活動(4月2日)


4月の定例活動です。

晴天のもと、福島からの避難してきた方も含め、竹きり、炭だしをしました。


 

ヘルメットをかぶっている方々が福島のかた。
宿舎には洗濯機が少ないので汚せない。とのことです。



そこそこの炭が焼けていました。
袋に詰めてキャンプ場で販売します。
その収益は震災の義捐金にします。




NHKが取材に。竹の皮で編んでいる姿が翌朝、2度にわたって放映されました。
関東版はインタビューも含め、全国版は作業風景だけだったようです。

Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

久しぶりの炭焼き


久しぶりの炭焼きでした。
竹炭が入った窯を空け、木炭の材料を入れました。





竹炭。火の管理がへたくそだったので、炭の量が少なかったです。





60歳台の村の人4人でチェーンソーによる木の切断。はかどりました。

 

出来上がった木。これを窯に入れます。



この日は、窯にいれるところまでで日没。炭焼きはまたあとで。
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

三並山がすっきり見えます。

 

チェーンソーを持った人。
切り倒されている杉。





炭窯のクラブハウスから見た、三並山。
左に杉の木があり、「伐ったらすっきるするね」
との声が。



伐りました。理事長、Aさん二人で。
こんなに三並山がすっきりしました。
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

炭の力―炭・木酢液・竹酢液の総合情報誌 (Vol.26(2004・2))

こんな雑誌を見つけました。
炭の特集雑誌のようです。
出版社のHPでとりあえず注文してみました。

出版社→(株)創森社
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

火と炭の絵本 炭焼き編

評価:
たけうち つーが
農山漁村文化協会
¥ 1,890
(2006-04)
子ども向けと思うなかれ、…です。
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

間伐材の利用

炭焼きも間伐材利用のひとつのテですが、世の中の主流は何だろうなーと思ってみて見ました。

大きいものはやはり木材として利用されてますね。
多いのは家具とかガーデニング系はいろいろ出てますね。
間伐材の家具作りをしている専門メーカー発見。→『ウッドワーク』さん。
建物にも使っているところがありました。
『名古屋構匠』さん。林野庁のコンクール入賞してますね。

小さいものは、炭焼きとか木工に使われるほか、ブロック状にひと手間加えて使われるようですね。
おもちゃの積み木はそのまんまですけど。
木材ブロックをレンガ状に積み木する『つみきハウス』なんかはかわいいのではないでしょうか。

そして、木っ端とか皮とかおが屑とか、材にはならないものたち。
これらは紙になったり、ウッドチップになったり、固めてペレットになったり、最近では木質プラスチックに加工されているようです。

木質プラスチックは、木屑を蒸気で熱して加熱&加圧処理をすることにより流動性のあるプラスチック状にしたもので、100%材料は木。
燃やしても埋めても無害らしいですよ。
参照『■ 循環型素材の木質プラスチック。岐阜市の瑕疵で『善商』不法投棄』
木質プラスチックは原料が石油ではないバイオマスプラスチックのひとつとして数えられるんですね。
有名どころはとうもろこしとかケナフですね。

余談ですが、このバイオマスプラスチックのトレーってゴミの分別時に悩みそうですよね。
「紙といっしょに燃やせます」と書いてあってもプラスチック類として出してくださいって言ってる自治体もありますから。
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(1)

炭焼き窯のあれこれ。

炭を作るためには当然、窯が必要になってきます。
各地の炭焼き体験ではどうしているのか、今回はそれを見てみました。

大きく分けてその方法は3種類のようです。

,發箸發隼箸錣譴討い訝詐討窯を使う『本格型』。
▲疋薀犂未覆匹鮖箸辰銅作する『自作型』。
4憤弖燭涼魂熟Г鮖箸Α愆憤徑辧戞

 慄楹雰拭戮呂發箸發叛獣困寮垢鵑陛效呂簑慮崖惺擦覆匹任笋辰討い詈法で、
プロの指導に沿って、材料の搬入→火入れの作業→搬出を手伝います。
交通費や宿泊体験費などは必要ですが、不手際や失敗が無いことが利点です。
『生出コミュニティ』『白神自然学校一ツ森校』などがありました。

◆惻作型』は、最も体力勝負な方法でしょう。
ドラム缶などを加工し、穴掘りをして、釜を作るまでがまず大仕事。
鉄板の加工、レンガなどの材料集めの下準備も必要になります。
そして何より、成功率がかなり低いらしい(!)というのが最もネック。
回を追うごとにだんだん上手くなっていくというのが『自作型』の醍醐味のようです。
木質炭化学会の会員さんのHP『炭焼き窯(岩崎式炭焼き窯)』『ドラム缶を使った簡単な炭焼きの紹介』

最後に、上記2つの間を取った案として『簡易窯』の利用があります。
費用としては最低でも40万円近くかかるようですが、場所をとらず、一人でも可能、それなりの炭が作れるというのが強みです。
参考、テサキ製作所『炭焼き達人』、一ノ瀬鐵工所『竹炭焼炉』

炭焼きを「体験したい」方には『本格型』や『自作型』がおススメですが、もしも「木炭を作る」ことが目的の場合、おススメするのは『簡易窯』の利用。
鉄腕DASHのように本格的な窯を自作するってテもあるにはありますけど、…ムリですよね。
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
不都合な真実
不都合な真実
アル・ゴア
最近DVDが発売になりましたね。
南極に住むペンギンたち、北極に住むシロクマたちが本当に心配です。
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
池嶋 庸元, 岸本 定吉
木炭よりも作りやすい竹炭の作り方とその利用について。
セブンイレブン基金の助成金をいただいて活動しています。
クリック募金
毎日クリック。 タダでできる募金です。
PROFILE
LINKS
OTHERS