<< 内子(11月4日) | home | 定例活動(11月7日) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

竹のペレット製造(11月4日)


生竹とおからを混ぜてペレットを作っている
工場を見学しました。



これが、製造ライン。大掛かりでした。



竹の粉砕物。
竹倶楽部が所有している粉砕機のレベルでOKです。



豆腐工場から引き取ってくる”おから”
「産業廃棄物」で通常は処理されているそうです。



それを乾燥機へと導きます。



乾燥機は重油が燃料です。
含水率を15%まで下げないと
ペレットとして固まらないそうです。




ペレット製造機の投入口
竹ペレット5: おから4: しょうゆおから1
の組み合わせでまぜたものを投入します。



圧密されて、ペレットの直径の穴から搾り出されます。
その絞り出たものを回転する歯が切り落とします。



できあがったペレットです。
牛は喜んで食べるそうです。
ただし、竹などが混ざっていないと、
おからだけでは食いが悪いそうです。



含水率の測定器です。
重量変化で測定するようです。


ペレットは燃料用ばかりと考えていましたが、
乾燥することによって鶏糞や牛糞も混ぜられます。
竹、鶏糞を混ぜ合わせた有機栽培用肥料ができます。
ペレットなので散布がとてもしやすいです。

ペレットの製造機器は400万、乾燥機が700万レベル。
コンベアーなどの導入でシステム化するには
3000万レベルとのことです。
また、ペレットそのものに対する知識・需要がわからないため、
あらかじめ利用者を確保しながらでないと進まない。
とのことでした。

エネルギーの地産地消、竹と鶏糞を組み合わせた有機栽培用肥料。
可能性が科たくさんあると思いませんか

 
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://g-takayama.jugem.jp/trackback/149
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
不都合な真実
不都合な真実
アル・ゴア
最近DVDが発売になりましたね。
南極に住むペンギンたち、北極に住むシロクマたちが本当に心配です。
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
池嶋 庸元, 岸本 定吉
木炭よりも作りやすい竹炭の作り方とその利用について。
セブンイレブン基金の助成金をいただいて活動しています。
クリック募金
毎日クリック。 タダでできる募金です。
PROFILE
LINKS
OTHERS