<< 竹をうーんと使うべや(11月14日) | home | シイタケのほだ木 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

料理コンテストの作品

高山村・ふれあいプラザで料理コンテストが開催されました。
その優秀作品が3月中、ふれあいプラザのレストランで試食できます。
テーマはこんにゃくです。





メニューは3種類。
メイインディッシュはドライカレー、
おかずの一品として味付けの巾着、
デザートがパンナコッタ。



デザートが最初に出てきました。
ご覧のとおり。
こんにゃくは液状にして白いベースの中に。
こんにゃくの雰囲気は何もありませんでした。
でも、おいしい!!
湯上りにお勧めです。



上がドライカレー、下が巾着
ドライカレーの具材としてさいの目切りのこんにゃくが
使われていました。
ヘルシーですけど、ご飯の量が多そう。

巾着にはうどんのようなもの、米粒のようなものが
味つきで使われていました。
やや味が濃い目につけられていたので、
ご飯と一緒に食べれば・・でした。


 


ほかのメニューです。
海鮮とありました。高山村で定番メニューで、
海鮮が食べられるのはここだけかも。



どんぶりも気になりました。

ふれあいプラザのレストランは下駄箱に靴を入れて、
フロントに「ご飯」と言ってキーを預けてください。
清算用のカードが渡され、あとはお座敷食堂です。

コンテスト作品は3月のみです。

Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://g-takayama.jugem.jp/trackback/154
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
不都合な真実
不都合な真実
アル・ゴア
最近DVDが発売になりましたね。
南極に住むペンギンたち、北極に住むシロクマたちが本当に心配です。
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
池嶋 庸元, 岸本 定吉
木炭よりも作りやすい竹炭の作り方とその利用について。
セブンイレブン基金の助成金をいただいて活動しています。
クリック募金
毎日クリック。 タダでできる募金です。
PROFILE
LINKS
OTHERS