<< 福島から避難してきた方 | home | 定例活動(4月2日) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

畑の火入れ

竹倶楽部が借りている畑

大豆を植えていましたが、草との戦いに負けました。
その草がはびこったままで、困ったな・・と思っていました。
冬に、一度トラクターを入れたら、すぐ絡まってしまい動き不能でした。




でも自然は良くしてくれます。
雪が草を寝かせてくれます。なので、集めやすくなります。
そして土はふかふかです。
霜柱がたち、溶けます。この繰り返しだからです。





”自然の味方を得た”私たちは、気を取り直して野焼きをすることにしました。
あちらこちらに草の小山をつくり、火をつけ広げていきます。
野焼きは農家の慣行として認められています。(と思います)



朝凪、夕凪といいます。その凪が風がなく安全に燃せます。
燃したらトラクターを入れることができ、畑らしくなります。

この畑、6反部と広すぎるので、半分は大学生や一般の方のレクリエーション農園
にする方向で準備中。
トイレと雨のときの避難小屋を設置予定です。

Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://g-takayama.jugem.jp/trackback/197
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
不都合な真実
不都合な真実
アル・ゴア
最近DVDが発売になりましたね。
南極に住むペンギンたち、北極に住むシロクマたちが本当に心配です。
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
池嶋 庸元, 岸本 定吉
木炭よりも作りやすい竹炭の作り方とその利用について。
セブンイレブン基金の助成金をいただいて活動しています。
クリック募金
毎日クリック。 タダでできる募金です。
PROFILE
LINKS
OTHERS