<< 定例活動とNPO定期総会(7月9日) | home | 150人で収穫祭(群馬パース大学農体験0722) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

草とり、そして草とり(7月明大プログラム)

7月9日、10日は明治大学グローバル観光研究会のプログラム。
今月は、期末テストを控えているため、4年生のみの参加でした。
参加したMさんは、一昨年より、既に7回も高山村に来てくれています。


竹倶楽部の定例活動にて竹伐りに参加した後、
後輩たちが植えたトウモロコシ・大豆畑の草とりです。
活動始めは、大豆と雑草の見分けがなかなかつかないようでした。


2日目も田んぼで草とりです。除草剤不使用、意地の闘いです。


それでも、一緒に手伝ってくれたウーファーと楽しみながら、です。


ボールに集めたり、丸めて土の中に埋めたり、それぞれのやり方で草退治。


休憩には冷やしたトマトとキュウリ。
夏のお茶菓子は、体を冷やしてくれる夏野菜が一番です。


午後は、高山村が実施するガイドボランティア養成講座(現地研修)に参加させていただきました。
尻高人形の展示場にて、実際に人形に触れたり、村の人とバスに乗っておしゃべりしたり。
連日の草とりだったため、難しい歴史の話に途中居眠りも・・・?

次回のプログラムは8月。「また来ます!」とMさんより。
お待ちしております。

Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://g-takayama.jugem.jp/trackback/224
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
不都合な真実
不都合な真実
アル・ゴア
最近DVDが発売になりましたね。
南極に住むペンギンたち、北極に住むシロクマたちが本当に心配です。
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
池嶋 庸元, 岸本 定吉
木炭よりも作りやすい竹炭の作り方とその利用について。
セブンイレブン基金の助成金をいただいて活動しています。
クリック募金
毎日クリック。 タダでできる募金です。
PROFILE
LINKS
OTHERS