<< 定期総会を開催しました | home | 農体験・トウモロコシ収穫と・・・(最終回) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

農体験・草取りと高山きゅうり

本日は待ちに待った?草とりをしました。
無農薬栽培には欠かせない作業です。


ゲーム感覚で実施。
範囲を決め、「美しさ」「早さ」を競ってみました。
一本一本根もとから引き抜く学生が大半の中、1人は全て引きちぎってから根っこをとる。
草取り一つとっても個性があふれます。


きれいになっていくと、達成感があります。

除草剤を利用すれば、この「手間」は省けます。
しかしながら、その除草剤による人体への影響は「皆無」とは言えないもの。

化学薬品はつくられるスピードが速く、使用許可が下されるスピードが追い付かないと言います。
そのため、十分な試験もされず、安全性に確証が得られないまま世に出回ることもあります。
そうでもしないと化学者も生活ができません。
それにより、後になって「毒性」「後遺症」といった問題が発生してきます。

そういった不安から欧米では「オーガニック≒有機」製品が広がっています。
「自分の身は自分で守る」
日本でも関心が高まってきています。


草取り後は、こちらを収穫しました。
高山にしかない「高山きゅうり」。
あるデパートでは1本300円で売られたりも。


アーチの中で収穫しました。


こちらはお土産に。

ようやく「収穫」にこぎつけました。
小雨の中ご苦労様でした。

Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://g-takayama.jugem.jp/trackback/261
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
不都合な真実
不都合な真実
アル・ゴア
最近DVDが発売になりましたね。
南極に住むペンギンたち、北極に住むシロクマたちが本当に心配です。
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
池嶋 庸元, 岸本 定吉
木炭よりも作りやすい竹炭の作り方とその利用について。
セブンイレブン基金の助成金をいただいて活動しています。
クリック募金
毎日クリック。 タダでできる募金です。
PROFILE
LINKS
OTHERS