<< 木炭発電機 | home | 木炭の生産動向 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

炭焼き窯のあれこれ。

炭を作るためには当然、窯が必要になってきます。
各地の炭焼き体験ではどうしているのか、今回はそれを見てみました。

大きく分けてその方法は3種類のようです。

,發箸發隼箸錣譴討い訝詐討窯を使う『本格型』。
▲疋薀犂未覆匹鮖箸辰銅作する『自作型』。
4憤弖燭涼魂熟Г鮖箸Α愆憤徑辧戞

 慄楹雰拭戮呂發箸發叛獣困寮垢鵑陛效呂簑慮崖惺擦覆匹任笋辰討い詈法で、
プロの指導に沿って、材料の搬入→火入れの作業→搬出を手伝います。
交通費や宿泊体験費などは必要ですが、不手際や失敗が無いことが利点です。
『生出コミュニティ』『白神自然学校一ツ森校』などがありました。

◆惻作型』は、最も体力勝負な方法でしょう。
ドラム缶などを加工し、穴掘りをして、釜を作るまでがまず大仕事。
鉄板の加工、レンガなどの材料集めの下準備も必要になります。
そして何より、成功率がかなり低いらしい(!)というのが最もネック。
回を追うごとにだんだん上手くなっていくというのが『自作型』の醍醐味のようです。
木質炭化学会の会員さんのHP『炭焼き窯(岩崎式炭焼き窯)』『ドラム缶を使った簡単な炭焼きの紹介』

最後に、上記2つの間を取った案として『簡易窯』の利用があります。
費用としては最低でも40万円近くかかるようですが、場所をとらず、一人でも可能、それなりの炭が作れるというのが強みです。
参考、テサキ製作所『炭焼き達人』、一ノ瀬鐵工所『竹炭焼炉』

炭焼きを「体験したい」方には『本格型』や『自作型』がおススメですが、もしも「木炭を作る」ことが目的の場合、おススメするのは『簡易窯』の利用。
鉄腕DASHのように本格的な窯を自作するってテもあるにはありますけど、…ムリですよね。
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://g-takayama.jugem.jp/trackback/3
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
不都合な真実
不都合な真実
アル・ゴア
最近DVDが発売になりましたね。
南極に住むペンギンたち、北極に住むシロクマたちが本当に心配です。
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
池嶋 庸元, 岸本 定吉
木炭よりも作りやすい竹炭の作り方とその利用について。
セブンイレブン基金の助成金をいただいて活動しています。
クリック募金
毎日クリック。 タダでできる募金です。
PROFILE
LINKS
OTHERS