<< ちょっと違うけど | home | 味噌造り >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

フライパンのナン



国立・大学どおりのさくら
3月29日はまだ3部咲きでした。

ネパール料理・ミトラに行きました。
気さくなお店で、また、マスターや奥さんと話し込んでしまいました。
このお店ではナンをいつも窯で焼いています。
炭はインドネシア産の「たどん」。
そのナンを「フライパンで焼くのは難しい」と話したら
「ホントはフライパンで焼くのがおいしい」とすぐ作ってくれました。



御主人のサンタさんです。
「今から焼くからね。」
カトマンヅの「アンナプルナホテル」の料理長、日本では、2006年の名古屋で開催された
「インドネパール料理コンテスト」のナン部門のグランプを受賞しています。



フライパンを空焼きして、フライパンの大きさに生地を伸ばします。
フライパンでは手で押し付け焦がすように焼きます。



中華と同じような2重に火があるバーナーです。
焼きながら表面にバターを塗ります。



そして、仕上げは直火で焦がします。

無論、すぐ食べさせてもらいました。
この店では、酒のつまみがカレーとナンです。
安上がりでおなかにもたまって、酒も進みます。
高山村の野菜を届ける約束をしました。

今後の展開をお楽しみに。


Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://g-takayama.jugem.jp/trackback/62
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
不都合な真実
不都合な真実
アル・ゴア
最近DVDが発売になりましたね。
南極に住むペンギンたち、北極に住むシロクマたちが本当に心配です。
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
池嶋 庸元, 岸本 定吉
木炭よりも作りやすい竹炭の作り方とその利用について。
セブンイレブン基金の助成金をいただいて活動しています。
クリック募金
毎日クリック。 タダでできる募金です。
PROFILE
LINKS
OTHERS