スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

ホダ木(10月27日)

林の中です。




笹が周りに生えていて・・・



近寄ると笹枝がかぶせてあります。



かぶせてある笹を取ると、ホダ木が出てきました。
今年の春、植菌、仮伏せしてるものです。
来年の今頃、キノコが発生します。
 
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

直売所(10月24日)

高山村の野菜直売所を覗いてきました。
キノコがいろいろ出ています。



カブ 150円



ムキタケ 600円



ヒラタケ 400円



原木なめこ 450円



カキ  300円



かぼちゃ 100円〜300円



 
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

冬準備(9月22日)


ストーブ用の材料の準備です。


 

春に伐採したケヤキをたくさんいただきました。
やっと、家に運び込みました。




チェーンソーで30CMぐらいに玉切りします。
それを表の庭まで運びます。
写真奥の一輪車が活躍です。
中央が薪割り台
結構、スコスコ割れます。



割った薪は壁沿いに積み上げます。
これで10日分かな・・・・?



 

Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

田んぼアート(9月22日)

秋が急ぎ足でやってきます。
田んぼでは稲刈りが行われています。





ふれあいプラザの近辺でも稲刈り、そして”はさがけ”が行われていました。




くっきりと現れた田んぼアート。
この田んぼもイベントとして10月3日に稲刈りが行われます。




田んぼに近寄りました。
手前が普通のお米、そして黒々としているもの、黄色のもの・・
米もどきの感じでした。古代米とか・・・



 
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

クマ(8月24日)

「クマが出ている」という話は聞きました。
それも人里近く。
とうもろこしの被害があり、わなを仕掛けました。


 

熊長1m65cm、体重86kg、立派な熊です。
おびき寄せたえさは何でしょう????
熊のプーサンと同じ
「蜂蜜大好き、おなかが空いたよ・・」
の蜂蜜です。
それだけではだめなので、
ハチそのものを飛ばし・・・
漫画の世界でした。



檻の中では「ぎゃおー」と叫んでいた熊ですが・・
熊を殺すには許可が必要です。
村長が立会い許可を出し、銃殺されました。
村には猟師が何人かいます。
熊の皮剥ぎも得意です。
肉と、皮と、内臓を分離します。
皮の内側に塩を振って宅急便で新潟に送ります。
毛皮の敷ものになって戻ってくるそうです。 



熊の肉。
「食うかい?」と電話が来て
「がんばって食う」と回答。
届きました。
1kgぐらいありました。
「少し冷凍ぎみにすると切りやすい」
とのこと。
そのとおりにしました。
熊をさばいたのが5時過ぎ、到着が7時半。
肉は”超新鮮”でした。



焼肉用に切って冷凍、残りはシチュウーに入れました。
「臭み、油がすごい」との聞き込み情報から、
圧力釜で10分、ネギとしょうがを入れて煮込みました。

明日食べます。
元気になるかな・・・

最近サプリメントの宣伝が多いです。
化学製品ではなく、食物をおいしくく食べてビタミンなど摂取したいです。


Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

ぐんまちゃん家(8月22日)

銀座歌舞伎座の向かいのビルの1,2階に「ぐんまちゃん家」という群馬県のテナントがあります。
そこで、2日間の農産物販売をしました。


 

銀座。車がたくさん。
左側が歌舞伎座、右側ののっぽビルがぐんまちゃん家が入っているビル。




正面はこんな感じ。
右下の狭そうな入り口から入ります。
2階は全スペースなのですが「ぐんまちゃん家」の文字が視認しにくいです。
この出展は「ぐんま天文台」のPR出展の協賛事業、
2階のイベントスペースの大半はてんもん台のパネル紹介コーナーでした。



入り口の看板は「群馬総合情報センター」
1階も2階も壁にパンフレットラックがあり、
群馬県の各機関が発行する印刷物が入れてあります。
普段は何をしているのかわかりません。
まして、情報センターで野菜を売っているなんて思いません。



ともあれ、これが与えられたスペース。
机2本に並べました。
壁、ペンルボードなどなく・・・



お客さんには、「まず生とうもろこしを試食」してもらい、
その方の目線でシロナス、高山きゅうりなどを紹介しました。
食べれば食いつきはよいです。



シロナス、カプリすなす、きゅうりの混ぜ混ぜ塩もみ。
とうもろこし、きゅうり、枝豆、ナス、すべて試食なので
カットする裏方の方も大変でした。
村の地域振興課の方、ありがとうございました。



金曜日、土曜日の出展でした。
入り口が情報センターですから、入る用事のある人は少ないです。
なので、竹倶楽部会員のH氏、農業研修生の地下足袋君が
路上でのキャッチ作戦
「ぐんまのおいしい野菜が2階にあります。試食だけでも・・・」
と2日間呼びかけました。
金曜日はビジネス客ばかり、売り上げに貢献しませんでした。
二日目、何かないかな・・・・・などの人が多く、盛況でした。
でも買う人はすくない・・・のが実感でした。
「野菜は持ち歩けない、安くても重い」というのが素直なところ。



午後3時、そろそろ・・・という時間。
値下げセールに入りました。
えだまめ、とうもろこしは完売、そのほかも残り少し・・で終了しました。
2日間、高山村役場、竹倶楽部関係者の方々ご苦労様でした。

群馬出身の方が多く立ち寄っていました。
やはり郷土への愛着を頼りに売る方法があるかと思いました。
都心ではなく、大きなマンションなどで土日の夕方に売るのが方法かと思いました。

マンモスマンションにすむ郷土出身の方に協力してもらいましょう。
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

ひまわりの迷路(8月12日)

「段取り八部の会」のみなさんが作ったひまわりの迷路
お盆ということもあってお子さんでにぎわっていました。


 


手製の看板、、夏の雰囲気出ていますね。




全面のひまわり。迷路がつくってあるなんてわかりません。
背丈より高いので回りも見えません。




通路はこんな感じ。
行き止まりで戻ったのは4回。
分岐点は10箇所ぐらい。
ひねくれもののが早そうでした。

最初に図面を書いて、その通りにひまわりを植えていくのでしょうか?
ご苦労サンでした。
来年もお待ちしています。
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

大雨(8月10日)

兵庫県でたくさんの犠牲者が出ていますが、
高山村でも雨が続いています。 



国道下の川。まだ、高水敷に水は上がっていません。





高山村の役場付近で、川が4本合流します。
しかし、川幅が十分あるので問題はなさそうです。

Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

お祭り(7月18日)

夏祭りが行われました。
地区ごとにおこなわれます。




祭り太鼓はおじさんが加えタバコでたたいていました。



おみこしです。
8人ぐらいの若者が担いでいました。



みこしは相当古い時代に作られたもので、
大事に保存しているようです。

Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

農家見習いおっさん2名(7月16日)

おっさん2名が枝豆に土をかける作業をしました。


 

運送会社社長。
「こうやってやるんだ、なー〇〇さん」
と。




「この暑い中、よーやるよ。」
とほんとの見習い。




機械が好きなおっさん。

農家見習いのおっさんは元気です。
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(1) trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
不都合な真実
不都合な真実
アル・ゴア
最近DVDが発売になりましたね。
南極に住むペンギンたち、北極に住むシロクマたちが本当に心配です。
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
池嶋 庸元, 岸本 定吉
木炭よりも作りやすい竹炭の作り方とその利用について。
セブンイレブン基金の助成金をいただいて活動しています。
クリック募金
毎日クリック。 タダでできる募金です。
PROFILE
LINKS
OTHERS