スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

干し柿(11月8日)

渋柿を頂きました。
そして、干し柿の作り方も。



皮をむきました。




ひものくくりめに軸をさします。



ベランダに干します。

一ヶ月ぐらい干すと中身がやわらかくなる。
それをもむ。
その後、風の当たらないところで、さらに干す。
白い粉が噴いていくる。完成。

冷蔵して食べる。
冷凍して食べる。

楽しみです。

来年一緒にやりましょう。 
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

きのこ収穫(10月24日)

昨年の春、シイタケ、ムキタケ、クリタケ、キクラゲ
を植菌しました。


 


シイタケが顔を見せはじめました。



これはクリタケです。



そしてムキタケ。
しばらく楽しめそうです。

Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

味噌作り完成(10月11日)

4月に味噌の仕込をしました。
そろそろかな・・・




箱の表面には「ミルキー+大白」と書いてあります。
お米がミルキープリンセス、大豆が大白大豆です。
両方とも高級食材です。




ふた空け塩の重石をはずしました。
黒いしみはかびているところですが、手ひどくはありません。



少しづつ、カビをこそぎます。



これが出来上がった味噌です。
米粒、大豆粒などまだ残っていますが、なめた感じはなかなかのものです。

途中、”天地返しをしなさい”といわれましたがしませんでした。
空気の流通が大事なのかと思います。
もう一箱と、樽づけがあります。
もっと寝かせます。

皆さんも挑戦しませんか?


 

Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(1) trackbacks(0)

きのこ(10月5日)

 昨年の春、ホダ木にシイタケ、クリタケ、キクラゲ、ヒラタケの4種を植菌し、
杉林の中にほったらかしにしていました。



こんな風にほったらかし。



クリタケが出ていました。
直径4cmぐらい。
かわいいです。



こちらはシイタケ。直径15cmぐらい。
肉厚で。
クリタケはなべで、シイタケは焼いて食べました。

こんなほったらかし。プロはしませんが、素人にはキノコが
出すぎても食べるのに困ります。たまにぱらぱら食べるのが
良いです。

Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

親子どんぶり(9月29日)

前橋に行きました。
前橋、高崎の名物に鳥料理があります。
食べてきました。




”とりへい”というしっかりとした店構えです。




隣の人は親子どんぶりを注文しました。
ボリュームいっぱいでおいしそうでした。
「あー、くちくなっちゃった」がその人の感想です。



こちらは、ふのりそば鳥飯つき。
ふのりでつないだそばなので食感はよいです。
新潟ではふのりつなぎが多いのですが、上州では珍しいのかもしれません。
とりめしは・・・特にうまい・・・という感じはしませんでした。


Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

料理教室(9月27日)

月に一度開かれている料理教室。
賞味の時間から参加させていただきました。



出来上がり、みんなで写真撮影していました。



栗をたくさんつかったサラダ?
シャリシャリ食感がグッドです。




デザートのケーキ。
誕生日の迎えた人が二人いました。
くりをたくさん使っています。



東京、高崎方面からの娘さんたちが6人、
オジサン3人、オバサン2人が参加者でした。

 
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

ネパールとうもろこし(9月22日)

ネパールとうもろこしを収穫しました。
成熟し、ある程度乾燥するのを待っていました。 




取れた実です。
大ちょっと、中ちょっと、小少し・・という感じです。




これは大。
ぎっしりと詰まっています。
来年の種用かな



部屋干し。
完全に乾燥するまで待ちます。
ポップコーンに挑戦です。



Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

魚釣り(9月19日)

 魚釣りしました。
まだ台風の余波のうねりがあり、船酔いしました。



かすんで見えるのは桜島。鹿児島です。



小船に船頭さん含め3人が乗船。
えさはパン粉とオキアミのミンチです。


右側の手に釣り糸が握られています。


チコダイです。
25CMから30CM。
初めて鯛を釣りました。
午前8時から11時半ごろまで。


遠くに見える桜島が噴火しました。


その噴煙。実は火山灰。車は真っグレイに染まります。


アラ。というそうです。
高級魚とのことで、刺身で食べるそうです。



ホゴ。煮つけでおいしいです。丸まるのから揚げはお店で出ますね。


その日の午後2時には捌きました。


夜の食卓です。
塩焼き。


鯛(左)、アラの刺身。


粗煮。
高山村で食べられない刺身を満喫しました。
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(1) trackbacks(0)

くじら(9月17日)

 鯨を食べてきました。



博多・中州です。
所用があり福岡に行きました。



これが鯨のフルコース。
6種類の切り身が並びます。
「丸太屋」というお店です。
中州からはかなり離れています。



その名前はこれ。





右側は鹿の子と思われます。





右側は赤身。
ルイベ(北海道用語、半解凍)状態で食べると、食感が異なります。




最後はちゃんぽん。
九州でした。
Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)

豆腐(9月12日)

高山さんの大豆で豆腐をはじめて作りました。


 
逐一参照したのがこの本。




1年前の大豆がありました。




大豆を一晩浸し、ジューサーで粉砕、
それをなべで煮詰めます。それを絞っているところです。



絞り終えた豆乳。



おから。

豆乳に”にがり”を入れた凝固させ豆腐となります。

最後はよくわからないままに味わって終了。
煮詰めるときのなべが、薄手だったので焦げが
できてしまいました。

次回からは自信作が!!


Posted by 竹倶楽部ブログ管理人 | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
不都合な真実
不都合な真実
アル・ゴア
最近DVDが発売になりましたね。
南極に住むペンギンたち、北極に住むシロクマたちが本当に心配です。
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
竹炭・竹酢液のつくり方と使い方―農業・生活に竹のパワーを生かす
池嶋 庸元, 岸本 定吉
木炭よりも作りやすい竹炭の作り方とその利用について。
セブンイレブン基金の助成金をいただいて活動しています。
クリック募金
毎日クリック。 タダでできる募金です。
PROFILE
LINKS
OTHERS